道場案内

練習日

聖武館空手道
  火曜日 難波の梅小学校 体育館    PM6時50分~8時30分 
木曜日 サンシビック尼崎(3F中央体育館) PM7時10分~8時40分
 土曜日 大庄中学校 格技室     PM6時30分~8時00分
(各曜日自由参加)

お問い合わせ

メール:seibukan-ama@hotmail.co.jp
携 帯:090-2110-8125
(公財)日本体育協会 公認空手道上級指導員 池田

加盟団体

加盟団体  
IOSSKA 国際沖縄少林流聖武館空手道協会
(公財) 全日本空手道連盟-兵庫県空手道連盟
(公財) 日本体育協会-尼崎市スポーツ少年団
※公益財団法人全日本空手道連盟-兵庫県空手道連盟に加盟しておりますので
  希望者には 公式試合出場・公的な資格取得が可能です。
目指せオリンピック!

沖縄空手

空手道のルーツ、それは発祥の地『沖縄』にあります。
空手には近年 様々なスタイルが存在し 攻撃的な イメージを持っている方も多いと思いますが、
もともとは沖縄(琉球)の人たちの 身を守るための護身の武術『手(ティー)』が空手道の原点で
その心は決して攻撃的なものではありません。
  日本本土では一般的に寸止めルールと呼ばれる全日本の空手、直接打撃ルールのフルコンタクトの
空手が有名ですが、ルールの無い実戦やルールを守らない相手から身を守る為の本来の空手道、
それが沖縄空手です。

少林流聖武館

少林流聖武館は沖縄空手 首里手の大家 拳聖 喜屋武朝徳先生より直伝の首里手技法を代々と継承する 範士 島袋善保御宗家の世界18ヶ国に広がる伝統ある流派です。

聖武館尼崎-SEIBUKAN-

当道場は2006年に道場開設
2014年に島袋善保御宗家より正式に支部認定を頂き本場沖縄の空手道の心と技をこの尼崎でお伝えしております。
子供さんには、強くやさしい心を育て礼節を重んじる個性豊かな人間形成を第一の目的としております。
うちではメンバー全員、一人一人が主役です。
様々な道を選択出来る道場で・・・それぞれの人生・それぞれのストーリー・それぞれの目標に向かってオンリーワンを目指します。
大人の方にはご年齢に関係なく体力や筋力に頼らない体の使い方を 護身武術と一緒に学べる道場です。
たくさんの技を覚えるより 本質を学び、日常に、護身に、応用のきく体を養います。
 特に『体の衰えを感じて何か始めたいという方』 『筋力や体力に自信の無い女性の方』
『競技・格闘技に体の限界を感じている方』『生涯を通して武道を本格的に探究したい方』に大変ご好評を頂いております。
スポーツでは学べない 衰えない武道の動きは、生涯なによりの財産になります。

師範略歴

- 本物の空手道に出会い、武道の本質を学ぶ -

7歳の頃から空手道を始め、地元の大会ではそれなりの成績を残しました。
 
33歳、御宗家との出会いが 武道人生の転機となりました。
本物の沖縄少林流空手道はそれまで私が学んできたものとは全く別のものでした。
本物は 沖縄にしかない・・・そう感じた瞬間でした。

いちからの空手修行が始まりました。
同時に 武道とはなにか・・・独自の視点で ゼロからの武学、武道探究を始めました。

試合に勝つ為の空手、得点を上げる為の動きから卒業し、
衰えない武道の動きを身に付ける為に。
 
沖縄空手・・・それは、
争いを好まず 誰も傷つけたくないという沖縄の人たちの心。
護身から始まる 型 で身に付ける 武術と武道身体。

武道・・・それは、
食べる物も満足に無かった時代の 筋力や体力に頼らない知恵。
人間の能力を100%発揮する為の 知識/物理/術理。

スポーツでは学べない 衰えない武道の動きは、生涯なによりの財産になります。

お子様には、水泳に匹敵するくらいの大変良い習い事に。
30歳以上の方には、年を重ねる体の準備が必要です。

ご年齢に関係なく 体力や筋力に頼らない体の使い方を 護身武術と一緒に学べる
全国でも数少ない道場と自負しております。

年より元気に・・・日常が変わります。

このページの先頭へ